三条地区手をつなぐ育成会

「いそがないで歩こう」

目的

「障がい者のあたりまえを社会のあたりまえに」
をコンセプトとして、行政、地域社会等と連携し長期的総合的に障がい者を支援する家族の会です。

障がい者の支援活動を通じた地域社会貢献活動を行っております。


1.会員啓発活動(新成人を祝う会、夏忘れ会)
毎年2月、会員ご本人様がご成人された際に「新成人を祝う会」として盛大にお祝いしています。
おいしい料理やカラオケなどの余興がありご好評いただいております。
また、毎年8月頃に「夏忘れ会」として保護者様、本人様が集まり懇親会を行っています。

2.まつぼっくり部会
「まつぼっくり部会は、三条地区手をつなぐ育成会の、学童期の子どもと保護者が、将来の社会参加を通じ地域で自立した生活が送れるように支援する事を目的に活動しています。
活動内容は、保護者向け座談会、学習会の開催、子ども達と保護者の交流として、三条地区手をつなぐ育成会とともにリズムダンスや音楽を楽しむ会の開催、レクリェーションなどの活動を行なっております。

全ての活動に参加できなくても、保護者の情報交換や悩み事相談などでも結構です。
お気軽にご参加頂き、是非会員として一緒に活動してみませんか?

まつぼっくり部会のロゴは、会員さんのご姉妹が考案してくださったものです。
このマークを見たら、三条地区手をつなぐ育成会の活動とご理解頂き、ご支援・ご協力をお願いします。

3.フレッシュ講座部会
主に働いている15歳以上の皆さんが、余暇を利用してレクエーションや野外活動などを通して、楽しみながら仲間作りや社会参加を促進することがねらいです。
ご家族の皆さんからも積極的に参加していただき、たくさんの仲間を増やしましょう。

4.販売活動等
収益事業・会費収入の他に、会の活動を財政面から支える為、物質販売を行ないます。
そうめん、そばの販売など…2013年はハムの詰め合わせを販売する予定です。

5.研修活動
会員が積極的に各地セミナーに参加して子ども達のために自己啓発を行っております。
そこで得た情報をもとに有用で実践的な知識や知恵を会員相互でもちより生活に役立てて活用しています。

6.その他活動
①社会啓発活動の実施(会員誌の発行)
会員向けの情報冊子をお送りし、見識の向上に役立てていただいています。  
②行政、関係団体との連携
本会の運動を進める為、必要に応じて行政に働きかけ、事業体である(福)三条市手をつなぐ育成会を運動面から支援し、連携強化を図っています。